ホームプロジェクト体制3次元CAD・解析ツール

3次元CAD・解析ツール

3次元CADによる設計

当社ではプラント設計にいち早く3次元CADを導入し、積極的に利用しています。2次元CADにより作図したP&IDや建築図面、各種機器図面から精密な3次元モデルを作成し、ご提案時には精巧な3次元モデルを使用して、よりお客様にわかりやすいご提案を行い、またプロジェクト実行時には建設施工前からレイアウトの確認や、施工計画など、あらゆる角度からの設計検討に3次元CADを有効に活用しています。

  

3次元CADを使用するメリット

3次元CADを使うことで、基本計画、基本設計、実施設計の各ステージでそのメリットを発揮します。

基本計画ステージでのメリット

計画を可視化することにより、プラントの全体像や動線を計画段階からより正確に把握、またプラントの周囲環境との調和を確認することが可能です。

基本設計ステージでのメリット

建物をはじめ、配管や機器、什器類などを実際に3D空間に再現、作業性の確認や施工用としての各設備の干渉チェックを行い、平面図だけではわかりにくい設計検証が行えるため、完成後の手直し工事などを最小限に抑えることが可能です。

実施設計ステージでのメリット

構造解析や強度計算や、施工図への迅速な展開等が可能です。また、竣工に先立ち、重機などの配置、機器の搬入・組み付けなどの施工シミュレート、完成モデルでのバーチャル検証などが可能です。

保有する3次元 CADと解析ツール

EYECAD
配管設計用3次元CAD
基礎・架構・機器等の配置と、配管設計を3次元CADで設計します。設計段階からプラント設備の完成イメージを視覚的に確認できるため、干渉チェックや運転・保守のイメージをお客様と共有簡単に共有できます。

Navisworks
各種3次元CADのモデルを合成、取合や干渉の確認、3Dアニメーションや4D工程シミュレーションなどができるソフトです。プラントの3次元モデルをお客様と共有して工事を進めていきます。

Tekla Structures
架構設計用3次元CAD
主に架構の3次元詳細設計を行います。当社では後述のSTAAD Proと併用することで架構の設計と構造解析をシームレスに行っています。

STAAD Pro
3次元架構モデルの構造解析を行います。一般的な静解析から耐震設計、時刻暦応答などの動解析までサポートしています。

AutoPIPE
配管の応力解析システムとして、内圧・熱膨張等を考慮した静解析や、固有値・時刻暦応答解析等の動解析を行っています。

Nozzle Pro
圧力容器に取付くノズル、サドル接合部の局部応力解析を行います。あらかじめ用意されている形状テンプレートに、寸法を入力するだけでFEMモデルを作成することができます。また、解析結果を3Dモデルで視覚的に確認することが可能です。

PRO-II
プロセスシミュレーションモデルの構築とケーススタディ、フローシートの作成を行っています。

FAP-3
平面・立体フレームやトラスなど任意形構造物の弾性応力解析、固有値解析、偏心率・剛性率の計算を行います。解析結果を3次元ソリッドモデルで表示して部材配置や応力状態を確認します。

このページの先頭へ