ホームピックアッププロジェクト医薬中間体製造設備「CMII」増強工事

医薬中間体製造設備「CMII」増強工事

はじめに


提供:広栄化学工業(株)殿

当社が2008年着工し2009年に竣工した、広栄化学工業株式会社殿向け医薬中間体製造設備「CMII」増強工事をご紹介します。広栄化学工業株式会社殿は、特に窒素元素を含んだ化学製品を製造していますが、今回は医薬中間体製造設備の増強を行い、生産性をアップすることを目的としたプロジェクトのお手伝いをさせていただきました。
CMとは、"Chiba Multi"の頭文字CとMを採ったものです。現在CMIIプラントが、千葉プラントで稼働していますが、そこに既存別プラントの生産設備を転用し、更に増強のための新たな設備を加える為、「CMII増強」工事」という名称となっています。

このページの先頭へ

プロジェクトのポイント

お客様の要望として、少しでも納期を早めたい意向があり、当社としてもその意向を真摯に受け止め、フロントローディングを徹底して推し進め、品質の確保、業績の確保に努めながら、工事完了を目指し無事完了しました。

ポイント1
医薬中間体製造設備の為、クリーンルームを装備した、多品種製造プラントです。
ポイント2
既存プラントからの転用機器は、ぎりぎりまで生産で使用する為、工事工程の終盤近くに搬入されることになり、その終盤の工事管理が重要なポイントとなりました。
ポイント3
建設場所が、北側に既設プラント(CMIIプラント)と隣接した場所であり、両脇(東側及び西側)をパイプラックが通っており、非常に狭い場所での工事となりました。
重機の選定及び周辺設備への注意を常に配慮した工事となりました。

このページの先頭へ

プロジェクトの概要

①建屋規模 建屋約1,400m²、4階建(一部屋上を使用)
②設備機器 反応器、槽、熱交換器 56基(内支給・転用:29基)
乾燥機、脱水機、濾過機、ポンプその他 82基(内支給・転用:21基)

このページの先頭へ

プロジェクトの概要

客先 広栄化学工業株式会社千葉工場殿
プラント名 医薬中間体製造設備「CMII」
建設目的 生産・研究体制の拡充
役務範囲 詳細設計、調達(機器・機械)、土木・建築工事、据付工事、配管・断熱・塗装工事、電気・計装工事、試運転(立会い)及びバリデーション
工事工程 契約 2008年1月
着工 2008年10月
工事完成 2009年5月
試運転完了 2009年6月

このページの先頭へ