ホーム会社案内会社方針

会社方針

IHIグループ基本行動指針

私たちIHIグループは、「技術をもって社会の発展に貢献する」、「人材こそが最大かつ唯一の財産である」との経営理念のもとに、地球的課題を意識し、 お客さまや取引先、株主のみなさまはもちろん、ともに働く人びと、そして地域社会や国際社会の期待に応えるために私たちがなすべきことを自ら実践し、 それぞれからの信頼を得ることによって将来にわたって企業としての存在価値を高めることに努めます。

1.  あらゆる場面に共通する私たちの基本的な態度

(1)  法の支配の尊重と倫理的な行動
私たちは、法令の意味するところを理解したうえでこれを大切に守り、社会的なルールや国際的な取り決めにも反することのないよう、 誠実、公正を旨として倫理的に行動します。
(2)  人権の尊重
私たちは、人権の重要性を十分に認識し、事業活動のなかで常に尊重するよう努めます。
(3)  相互理解の促進
私たちは、私たちを取り巻く人びとと互いに理解しあうために、事業活動に関わる情報を発信し、それが周囲に与える影響について説明するとともに、 常日頃から意見を交換することに努めます。

2.  私たちを取り巻く人びとや社会・環境に対する責任

(1)  製品・サービスをとおしてつながる人びとに対する責任
a.
私たちは、事業を行なうにあたって関わる人びとと互いに信頼できる関係を築き、持てる能力を最大限に活用し、様々な分野の社会的課題の解決に役立ち、 世界の人びとのさらなる豊かさの実現のための製品・サービスを開発し、提供します。
b.
私たちは、開発、提供する製品・サービスの安全性に十分配慮するとともに、お客さまおよびユーザの満足を得られているかを確認し、絶えず製品・サービスの 水準を高めるように努めます。
c.
私たちは、取引にあたっては相手に不正な行為や不当な利益を求めたりすることなく、公正で自由な開かれた関係を築きます。
(2)  ともに働く人びとに対する責任
私たちは、ともに働くすべての人びとの人格、個性を互いに尊重し、安全で働きやすい環境を確保するとともに、働く人びとのゆとりと豊かさの実現に努めます。
(3)  地域社会および国際社会に対する責任
a.
私たちは、一人ひとりが社会の一員であることを自覚し、社会が抱える課題の解決のために積極的に活動します。
b.
私たちは、世界のいかなる地域で事業活動を行なうときでも、それぞれの地域固有の文化の価値を理解し、その地域の人びとの期待に応えるよう努めます。
c.
私たちは、社会の秩序や安全に脅威を与える勢力および団体に対しては毅然とした態度で臨みます。
(4)  地球環境に対する責任
私たちは、地球環境がすべての社会・文化の存立基盤であることを認識し、将来の世代の人びとが必要とするものを損なうことのないように注意を払い、 製品・サービスの提供のみならずあらゆる事業活動の局面で、地球環境の保全および環境負荷の低減に努めます。

3.  経営幹部の役割と責任

(1)  経営幹部の役割
a.
経営幹部は、この指針の実現が自らの役割であることを認識し、率先垂範してこの指針の趣旨を実践します。
b.
経営幹部は、ともに働く人びとにこの指針を周知徹底のうえ、実効ある社内体制の整備を行ない、絶えず企業としての価値を高めることに努めます。
(2)  経営幹部の責任
経営幹部は、この指針に反するような事態が発生したときには、自ら解決に当たり、原因究明と再発防止に努め、社会に対して迅速かつ的確に情報を開示し、 権限と責任を明確にしたうえで、自らを含めて厳正な処分を行ないます。

このページの先頭へ

 

品質方針

当社は、お客様の満足を得られる製品と役務の提供をするため、経営者のリーダーシップの基に全従業員が一体となって、下記事項を基本方針として、法令、規格に合致した要求される品質確保、業務プロセスの改善による業務品質の向上をはかります。

  • 適用法令、規格および顧客要求を含む当社の定めるその他要求事項を順守します。
  • 目的・目標を設定し、達成にむけて実行・評価・見直し改善をはかります。
  • 社内基準・標準を充実し、技術の蓄積と業務改善及び、パフォーマンスの向上を継続的に行います。
  • リスク管理等により再発防止策を業務に組み込み、不適合の発生を継続的に防止します。
  • 人材育成と技術力強化を継続的に実施していきます。
  • 品質マネジメントシステムが適切で、かつ有効であるように定期的に見直し、継続的に改善します。
  • この方針を全従業員に周知すると共に、公開します。

このページの先頭へ

環境方針

当社は、石油化学、食品、医薬事業製品等にいたる多種多様のプラント、機器の設計、調達、建設を主体とした業務を行っています。 そして、当社が設計、調達、建設した製品は顧客を通じ、環境に負荷をもたらすなど社会に影響を与えています。 そこで、「環境マネジメントシステム」を有効に活用しお客様と一体となり、環境汚染などの予防・低減を図ることを目的にリスク管理を含めた経営の質の向上をはかり、 良き企業として社会的責任を全うするよう、継続的な改善・発展に努めます。

  • 取り扱う製品、活動、サービスに関する環境に著しく影響を及ぼす要素を抽出し、目的・目標を設定し、達成に向けて実行・評価・見直し改善をはかります。
  • 環境に関する製品、活動、サービスに関わる法令、規格および当社の定めるその他要求事項を順守し、汚染の予防や環境保護に取り組みます。
  • 設計においては、環境改善機器、省エネプラント等の具現化と、お客様に提案をすることによりお客様を通じライフサイクル視点も考慮した環境負荷の低減と改善を促進します。
  • 調達においては、ベンダーとの協力あるいはベンダーに対する要請を行い、コンプライアンス、リスク管理を含めた環境汚染予防と改善に努めます。
  • 建設工事においては、廃棄物の発生抑制、使用資源の最小化および再利用の促進による環境負荷低減と改善をはかります。
  • 環境マネジメントシステムが適切で、かつ有効であるように定期的に見直し、継続的に改善します。
  • この方針を全従業員に周知するとともに、公開します。

このページの先頭へ

労働安全衛生方針

安全の確保は、御客様および社会に信頼を得るとともに企業存立の原点であり最優先の課題であると認識しています。その基本は人間尊重です。このため、個人の人格・個性を尊重し、完全無事故・無災害を目標とし、「安全で働きやすい職場環境」の実現に取り組みます。当社は、全ての関係者の安全と健康を維持・向上するために、経営者から全従業員が一体となって、下記事項を基本方針として労働安全衛生活動の継続的な改善・発展に努めます。

  • 労働安全衛生は一人一人の責任である事を認識し、当社「安全五原則」を順守します。
  • トップダウン・ボトムアップの双方向による安全意識の高揚をはかります。
  • 適用法令、規格および社内基準を含め当社の定めるその他要求事項を順守します。
  • 目的・目標を設定し、達成にむけて実行・評価・見直し改善をはかります。
  • 事前計画の充実により危険要因を特定し実現可能な方法でリスクを低減します。
  • 安全な作業環境、快適な衛生的環境を保持します。
  • 労働安全衛生マネジメントシステムが適切で、かつ有効であるように定期的に見直し、継続的に改善します。
  • この方針を全従業員に周知するとともに、公開します。

このページの先頭へ

IHIグループ調達基本方針

1.  基本方針

IHIグループは、IHIグループ基本行動指針に基づき、以下のとおり調達活動を展開していきます。

(1)  公平・公正な取引
当グループは国内外から、意欲と競争力のあるお取引先に対してオープンに競争の機会を提供します。 また、品質、価格、納期、技術開発力、経営状況等を総合的かつ公正に評価し、選定を行います。
(2)  お取引先との相互繁栄
当グループはお取引先を価値創造のパートナーと位置づけ、最適な品質・コスト・納期を確保し安定調達を実現することを通じて、 お取引先と信頼関係を構築し相互の競争力強化と繁栄を目指します。
(3)  法令の遵守と社会的要請への対応
当グループは、関連法規を遵守します。また、社会的な要請にも応えるため、 特に、環境・人権・労働・安全衛生・情報管理に十分配慮した調達活動を展開します。

2.  お取引先へのお願い

IHIグループは事業活動を推進するうえで、以下のような項目に取り組みます。 つきましては、お取引先におかれましても、以下の項目を推進されますよう、ご理解とご協力をお願い致します。

(1)  法令・社会規範の遵守
お取引先の事業領域において適用される関連法令、社会規範の遵守をお願いします。
  • 関連法令等(各国・地域の商法、独禁法、下請法、貿易関連法、個人情報保護法、知的財産権法、環境関連法など)の遵守、徹底。
  • 不適切な利益供与(違法または契約外の利益供与、反社会的勢力との取引)の禁止。
  • 機密情報の不正取得・不正利用・漏洩の禁止。
(2)  人権・労働・安全衛生への配慮
お取引先および協力先の事業活動において、お取引先の従業員の基本的人権、労働環境および安全衛生への配慮をお願いします。
(3)  QCDの確保
当グループが求める高い品質と安全性を備えた資材・サービスを、安定的に確保・供給できる生産体制および危機管理体制を整備し、 タイムリーな供給をお願いします。
(4)  競争力の強化
競争力強化のための課題や目標を共有したうえで、最適な材料・技術・工法等の情報提供、 ならびにVEやコスト低減に係る積極的なご提案をお願いします。
(5)  環境への配慮
環境に関連する規制を遵守するようお願いします。また、社会情勢や社会的要請に留意し、 環境負荷を低減するような活動への積極的な取り組みをお願いします。
(6)  情報の開示
継続的な取引を行うために必要なお取引先の経営方針・経営状況(財務状況を含む)の情報や、 社会に公表すべき情報(環境や社会への影響等)の開示をお願いします。

3.  紛争鉱物に関するIHIグループ基本方針

コンゴ民主共和国及びその隣接国では、紛争に関わる反政府勢力による深刻な人権侵害や環境破壊が生じており、 大きな課題として世界的に注目されています。この地域で産出される鉱物(錫、タンタル、タングステン、金)の一部には、 これらの勢力の資金源となっているもの(以下「紛争鉱物」という)があると言われています。
IHIグループは、これら紛争鉱物を使用する材料、部品、製品の調達は行わない方針です。IHIグループは本方針に基づき、 人権侵害や環境破壊への加担回避のための取り組みを進めて参ります。お取引先様にも取り組みへのご協力をお願い致します。

このページの先頭へ