ホーム会社案内沿革

沿革


1981年7月
設立時の社屋(江間忠ビル)


2002年8月
豊洲(丸石)事業所


2006年2月
現社屋(豊洲IHIビル)

1981年7月
石川島播磨重工業株式会社(IHI)のプラント事業部の詳細設計部門として当社を設立
1981年10月
一級建築士事務所を開設
1983年7月
国際協力事業団コンサルタント登録
1984年3月
管工事業、機械器具設置工事業の許可取得
1986年2月
愛知設計部、呉設計部、相生設計部を新設  愛知、呉、相生事業所を開設
1989年4月
IHIより産業用冷却塔を一括移管
1989年7月
IHIよりスエンソン装置を一括移管
1989年10月
土木工事業、建築工事業、鋼構造物工事業の許可を取得
1990年10月
IHI横浜第一工場内に横浜分室を設立
1992年7月
横浜設計部を設立
1992年9月
米国冷却塔協会(CTI)会員として登録
1994年4月
IHIの連結決算会社となる
1998年2月
横浜設計部をIHI原子力事業部に移管
1999年4月
石川島汎用機サービス株式会社より冷却塔保守・補修工事を移管 IHIプラント事業部より竪型ミル周辺部品・設備を移管
2000年4月
IHIより207名の出向・移籍者を受入れ 豊洲事業所、大手町営業部を開設
2001年4月
IHIより、加熱炉、塔槽・熱交換器、フレアシステム、竪型ミル、高層煙突、各種プラントの部品供給・メンテナンス、中小規模プロセス・セメントプラントを一括移管
2002年3月
呉設計部、相生設計部を閉鎖し、東京へ統合
2002年8月
資本金1億5千万円に増額
2002年8月
旧株式会社新潟鐵工所の医薬・産業プラントの営業を譲受 INE事業部を新設し、豊洲(丸石)事業所を開設
2006年2月
本社・豊洲事業所を統合し、拠点を豊洲IHIビルに移転
2006年4月
INE事業部(現 医薬・ファインケミカル事業部)の拠点を東京都中央区晴海に移転
2008年7月
社名を 石川島プラントエンジニアリング株式会社 から 株式会社IHIプラントエンジニアリング に変更
2008年7月
地方営業所として、大阪営業所を開設
2010年7月
医薬・ファインケミカル事業部の拠点を豊洲IHIビルに移転

このページの先頭へ