ホーム事業紹介圧力容器主要技術

主要技術

各種解析技術

ASME SEC. VIII Div.2 で要求される各種応力解析を、FEMプログラムにより実施いたします。
特にノズル付け根部やサポート取付部は解析による評価の要求が多いことから、専用ソフトウェアーを用いて、短時間で解析・評価を行います。

応力解析

構造不連続部の応力評価を行います

振動解析

固有値解析、共振の評価等を行います

疲労解析

応力集中部の疲労寿命を評価します

温度分布解析

構造物表面、内面の温度分布を把握します

熱応力解析

温度分布の不均一による応力を評価します

クリープ解析

非線形解析によりクリープ強度を評価します

このページの先頭へ

耐震設計

設備によって適用される各法規・基準に基づいて、機器類の耐震設計を行います。また、既設設備の耐震診断についても対応いたします。

高圧ガス設備耐震設計基準による耐震設計

経済産業省認定プログラム(SEISMITシリーズ)による耐震設計

神奈川県 高圧ガス施設等耐震設計基準による耐震設計

終局強度設計法による耐震解析

原子力発電所耐震設計技術指針による耐震解析

NASTRAN等を用いた時刻歴応答解析

その他の法規・基準に基づく耐震設計・解析

消防法、電事法、建築基準法、JPI、UBC等

既設設備の耐震診断、詳細耐震解析

  • 上記各基準による既設設備の耐震診断
  • 各種地震応答解析(静的震度法、修正震度法、モード解析法、時刻歴応答解析法等)、各評価法(許容応力度法、終局強度法、塑性率評価法等)を用いた詳細耐震解析

関連リンク

このページの先頭へ